こんぴら歌舞伎が始まるのは、ちょうど桜の咲く時分だ。町の至る処に、色とりどりの幟がすっくと立つ。お練り行列こそ観に行ったことはないものの、浮かれ気分にもなろうというもの。こんぴらの町に、また春がやって来たのだ。 熱心な歌
Continue Reading