横山桂子

観劇して 普段話さないようなことを 親子で話すことができた/「これから ピテカントロプス」四国学院大学演劇コース4期生卒業公演

3/4 演劇コース4期生卒業公演 『これから ピテカントロプス』 於:四国学院大学 ノトススタジオ 演劇をする人の夢や現実、 葛藤する心の内が 痛いほど伝わってきた。 それぞれの、これからの道、 卒業してから歩む道。 分
Continue Reading
横山桂子

人間らしさとは、どんなことなのか。 らしさから外れた人間は、何になるのか。/アンドロイド演劇「さようなら」坂出市民ホール

2017/2/25(土) アンドロイド演劇「さようなら」 18時公演 (アフタートークあり) 於:坂出市民ホール 次女はノトスで一度観ている。 また観たいというので一緒に。 三女は純粋にアンドロイドに 興味があったようだ
Continue Reading
演劇

あいまいな舞台の代わりに日常空間との境界を作っているものが「まほう」の存在/ブルーエゴナク 商店街探索劇「まほうは消えない。」

2月11日、ブルーエゴナクという北九州にあるという劇団の高松の商店街での公演「まほうは消えない」を見に行ってきました。(例によって長文失礼) 商店街は程々の人混みでしたが、病気休暇を経た2ヶ月ぶりの町、劇は(多少予想はし
Continue Reading
横山桂子

それぞれに物語があり 街や人に親しみを感じた / 商店街劇場「Shopping Street Story」

2/28 高松アーティスト・イン・レジデンス2015 F’s Company PRESENTS 商店街劇場 「Shopping Street Story」 ~田町・トキワ街・南新町~ 17時の回 観劇 商店街
Continue Reading
横山桂子

立場が違うと見方も違う? 今いる世界と違うものに触れる感覚 / 「新・冒険王」青年団+第12言語演劇スタジオ

青年団+第12言語演劇スタジオ 「新・冒険王」 次女と観劇 字幕あり。 日本語 韓国語 英語が飛びかう舞台。 しかも同時多発なセリフもあって 全部を聞き取るのは難しい。 二段ベッドがいくつも並んだ 宿の一室に 次々 人が
Continue Reading
演劇

アンドロイドの心/アンドロイド演劇「さようなら」

我が同級生シアター・デザイン・カンパニーの植田さんに触発されて、最近演劇をよく見るようになりました。この前は四国文理大学のスタジオノトスにて、「アンドロイド演劇『さようなら』とロボットワークショップ」を鑑賞してきました。
Continue Reading